お問い合わせ

Cometの機能

GUIで簡単に解析プロセステンプレートを作成
アブストラクトモデルにより解析モデル自動作成

Cometでは、GUIを用いて視覚的に確認しながら、CADデータのインポートから解析結果のレポートまでの一連の作業を組み立てることができます。特別なプログラミングの知識は必要ありません。
また、独特のアブストラクトモデルによるデータ構築により、プロセス内の解析対象を抽象化し、そこにタグ付けされたCADデータをインプットするだけで、自動的に解析条件を設定して計算を実行することができます。

主な機能

解析テンプレート作成機能

  • タスクの生成
    タスクの生成
    タスクを生成すると、プロセス定義図の表示エリアにアイコンが現れます。メッシング、シミュレーション、パラメータスタディなど、タスクに与えられた役割は、アイコン上に視覚的に示されます。
  • タスク内容編集
    タスク内容編集
    各タスクに、必要な情報を入力します。たとえばメッシングタスクであれば、メッシュサイズやクオリティのコントロールパラメータを設定します。
  • タスクの結合
    タスクの結合
    各タスクは、マウスドラッグで結合することができます。この操作により、どのシミュレーションタスクにどのデータを入力するかという情報が指定されます。
  • プロセス実行定義
    プロセス実行定義
    定義したプロセスは、順序を定義してひとつずつ順番に実行することも、あるいは、並行して同時に実行することもできます。
  • プロセス/タスクのコピー
    プロセス/タスクのコピー
    作成したプロセスはプロセスごと、もしくはタスク単位でコピーできます。類似のテンプレートであれば、ゼロから作成するよりもはるかに少ない工数で新たなテンプレートを作成することができます。

アブストラクトデータ

  • タグ付けによる自動設定
    タグ付けによる自動設定
    テンプレートの設計に従ってCADデータにタグ付けを行っておけば、Cometにインプットするだけで、タグに対応するジオメトリに自動的にメッシュ分割や解析条件の設定が行われます。この仕組みにより、複数モデルの解析を行う場合や、CADモデルを変更しながら繰返し計算を行う場合に大幅に手作業を削減することができます。
  • タグ付けの省略・簡易化
    タグ付けの省略・簡易化
    CADとアブストラクトモデルの命名規則を統一することで、タグ付け作業自体を大幅に簡略することができます。

ポストツール

  • ダブルクリックで結果表示
    ダブルクリックで結果表示
    プロセス図で各タスクのアイコンをダブルクリックすると、各々の結果を確認できます。
  • ***
    標準ポストツール
    Cometにはコンター表示、アニメーション、グラフプロットなどが行える、簡易なポストツールが付属しています。
  • LS-PREPOSTとのリンク
    LS-PREPOSTとのリンク
    LS-PREPOSTを直接呼び出して、インプットデータ、アウトプットデータを詳細に確認できます。

対応ソフトウェア

CD SolidWorks、Pro/E、NX、SpaceClaim
ソルバー LS-DYNA、ABAQUS、ANSYS、NASTRAN、ThermalDesktop、CODE V

動作環境

OS Windows 7 (64-bit)

ページトップへ

  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ