お問い合わせ

Cometの特長

Cometの特長

CAEプロセスを見える化して管理する統合ワークスペース

Cometは、CAEプロセスを管理する統合ワークスペースです。作業プロセスをGUIで定義して、柔軟かつ簡易に自動化システムを構築することができます。作成された自動化システムでは、ユーザーがソルバーデータを意識することなく「設計者に必要な情報」のみで作業を進めることができるため、CAE技術を習得する工数をかけずに、解析熟練者のノウハウを活用することができます。

設計者向けCAE環境の構築

設計者向けCAE環境の構築

Cometでは、インプットされたCADデータを用いたメッシュ作成、解析条件の設定、各種ソルバーによる計算、結果処理といった一連の作業を、インテリジェントテンプレートとして保存、再利用することができます。テンプレートを用いるユーザーは、各々の解析において特に必要な部分だけを設定すれば良いため、作業の効率化や設定ミスの防止といった効果が期待できます。
また、Cometは多くのCADデータおよびソルバーに対応しており、ひとつのプロセス上で複数のソルバーを定義することも可能です。

Cometの利用効果

作業時間、工数の低減
  • ・新たな解析技術を開発(R&D)するための工数を確保
  • ・設計者にツールとして提供
手作業による設定ミス防止
  • ・繰り返し作業の自動設定
  • ・様々なソフトウエアの操作方法を習得しなくてよい
熟練したCAE技術者のノウハウを活用

独自のデータ構築手法で条件設定を自動化

Cometでは、独自のアブストラクトモデルにより、解析対象や諸条件を抽象化して定義をテンプレートに保存し、それを様々な形状を持つCADデータに割り当てることができます。テンプレートに対応した「タグ」をCADデータに付加することで、Cometにインプットした後の作業の自動化を実現しています(詳しくは 活用事例をご覧ください)。
また、パラメトリックCADのコントロールも可能なため、CADに戻ることなく、Comet内でパラメータを変更して形状を変えることができます。パラメータを変更しながらメッシュ作成から結果処理までの繰返しを自動的に実施できるため、設計の初期段階、コンセプトデザインでのパラメータスタディを効率的に進めることができます。

アブストラクトモデルによる自動設定 アブストラクトモデルによる自動設定

パラメトリックCADのコントロール パラメトリックCADのコントロール

システム作成および管理が容易

Cometでは、GUIを用いて視覚的にプロセスを構築することができます。スクリプトによる自動化システムとは異なり、特別なプログラミングの知識は不要です。

Comet操作画面 Comet操作画面

開発元

Cometは、米国Comet Solutions, Inc.により開発されました。Comet Solutions, Inc.は2001年に設立され、シンシナティ(オハイオ州)など5拠点にオフィスを構えています。PLM/CAE会社に従事したエンジニアが多数在籍しており、現在も Comet Abstract Engineering Model (AEM®)の技術を中核とした開発が進められています。

Comet Solutions, Inc. ウェブサイト

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心してご活用いただくために、本製品の使用方法に関して、さまざまなサポートを提供しています。
本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて

ページトップへ

  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ