お問い合わせ

J-SEATdesignerの特長

J-SEATdesignerの特長

データ管理機能と自動モデルアセンブリに特長を持つシート設計専用LS-DYNAプリプロセッサー

近年、自動車衝突解析においてダミー傷害値の直接評価が行われていますが、精度の高い評価のためには、シートモデル/拘束装置モデルの設定が重要となります。
J-SEATdesigner(ジェイシートデザイナー)では、多岐にわたる解析ケースをモデルファイルと共にデータベースで管理し、呼び出した設定に基づいて自動的にアセンブリを行うことができます。また、様々な法規/アセスメント情報もデータベースから呼び出すことができるため、ユーザーが個別に数値の入力をおこなう必要がありません。さらに、Hポイントの計測や着座解析などのプリシミュレーションを行うこともできます。
J-SEATdesignerは、精度向上を目指したモデルの大規模化・複雑化が進む自動車衝突解析において、設計技術者を強力にサポートする、シート設計のための統合システムです。

モデルとアセンブリ情報のデータベース管理

自動車衝突解析では、様々なアセスメントに対応したダミーと境界条件の組み合わせを管理する必要があります。J-SEATdesignerでは、オブジェクト指向リレーショナルデータベースと連携して、解析モデルと、自動アセンブリに必要な関連情報を管理することができます。データベースへは専用GUIによりアクセスし、モデルの呼び出し、自動アセンブリ用情報の追加、削除、リネーム、新規登録などの操作を行うことができます。

データベース管理システム データベース管理システム

専用GUIによるデータベースアクセス 専用GUIによるデータベースアクセス

自動モデルアセンブリ

あらかじめ作成したアセンブリ情報定義ファイルを呼び出すことで、データベースからのモデルの読み込み、各モデルの位置合わせ、接触/結合条件の定義、ダミーやシートのポジショニング、シートベルトフィッティング、プリシミュレーション結果の取り込みなどを自動的に行うことができます(→ 詳細は機能ページ)。アセンブリされたモデルは、LS-DYNA解析用インプットファイル形式で出力されます。

自動モデルアセンブリ 自動モデルアセンブリ

アセンブリ情報定義ファイル作成

自動モデルアセンブリに使用する「アセンブリ情報定義ファイル」は、ARUP software PRIMERのGUIを元に開発した、J-SEATdesignerオリジナルのGUIで作成できます。専用GUIは、プロジェクト管理パネル、ツールキットパネル、データベース管理パネルなどから構成されており、多岐にわたる車体モデルや法規/アセスメント、解析ケースに対応しなければならない設計/解析技術者を支援します。

Hポイント計測解析 Hポイント計測解析

プリシミュレーション

自動車衝突解析では、Hポイント計測解析や着座解析など、衝突解析に先立ってプリシミュレーションが必要になる場合があります。こうした解析の一部は、J-SEATdesigner内からの操作で行うことができます。シミュレーション結果は同じインターフェイス上で取り込むことができ、そのままモデル作成に進めるので、効率よく作業を進められます。

Hポイント計測解析 Hポイント計測解析

着座解析 着座解析

THUMSポジショニング THUMS(FE人体モデル)ポジショニング

開発元

J-SEATdesignerは、ARUP社のLS-DYNAプリプロセッサー PRIMER(プライマー)を元に、JSOLとARUP社が共同開発したソフトウェアです。

ARUP software(PRIMER)について

  • ※ J-SEATdesignerの稼働には、別途 ARUP software PRIMERのライセンスが必要です。

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心してご活用いただくために、本製品の使用方法に関して、さまざまなサポートを提供しています。
本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて

ページトップへ

  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ