お問い合わせ

Virfacの特長

Virfacの特長

工法・工程設計に革新をもたらす
溶接シミュレーションシステム

Virfacは、溶融溶接、摩擦撹拌接合(FSW)、機械加工など、幅広い製造プロセスに対応しています。溶接工程における部材変形の最小化、組み立て順序を変えたときの構造変形への影響の評価、残留応力を高精度に計算することによる溶接品質やき裂進展の予測など、実際の生産現場の課題解決に役立つシミュレーションを、ひとつのプラットフォーム上で提供します。
Virfacでは、計算に必要な設定をCADモデルベースで視覚的・直感的に行えるため、ユーザーは本質的な課題の解決に注力することができます。設計者の視点で開発された先進的GUIが、工程設計におけるシミュレーションの活用をサポートします。

Virfacのコンセプト

Virfacのコンセプト

Virfac(VIRtual FACtory)は、溶接による組立変形・残留応力を高精度に予測できる、溶接シミュレーションソフトウェアです。
溶接変形、溶接組み立て工程、さらには溶接部の残留応力に影響を受ける構造体の疲労強度評価にいたるまで、さまざまな課題を一貫して扱うことができ、溶接加工の施工条件の検討に最適です。また、Virfacはその高度なデータ処理技術に特長があり、大規模かつ複雑な構造体のシミュレーションが可能です。生産現場で起きる課題をリアルにシミュレーションできます。

Virfacの適用範囲

Virfacは、次のような予測や評価に用いられています。

  • ・溶接変形の予測
  • ・溶接順序の最適化
  • ・溶接による残留応力の予測
  • ・溶接による相変態の予測
  • ・FSWにおける母材の塑性流動の計算
  • ・切削による変形予測
  • ・機械加工の手順最適化
  • ・溶接構造体の寸法精度解析
  • ・溶接条件とき裂進展経路予測
  • ・運用条件と疲労強度の解析

大規模シミュレーションを可能にする高度なデータ処理技術

Virfacは、高度なオブジェクト指向プログラミング技術により開発されています。高度なデータ処理技術により、大規模かつ複雑な構造体の計算でも、実用的な時間内で結果を得ることができます。そのため、実際の生産現場で起こる事象に限りなく近いシミュレーションを、実務に活用することが可能です。

Virfacの並列化効率 Virfacの並列化効率

開発元

Virfacの開発元であるGeonX社(ジオネックス社、ベルギー)は、Cenaero研究所での10年間にわたる研究開発の成果である熱粘弾塑性FEMソルバー MORFEO(Manufacturing ORiented Finite Element tOol)をVirfacに統合し、生産技術の課題に役立つソフトウェアへと昇華させました。欧州の航空・宇宙・自動車・軍事を中心に、多数の技術コンサルティング実績を持ち、高い精度と信頼性のあるプログラムを開発し続けています。

GeonX社 Webサイト

Virfac/Welding MEGAで用いられている固有ひずみソルバーJWELDは大阪大学接合科学研究所の溶接変形解析ソルバーJWRIAN (ジュリアン)をベースに株式会社JSOL が開発したものです。

大阪大学接合研究所

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心してご活用いただくために、本製品の使用方法に関して、さまざまなサポートを提供しています。 本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて

ページトップへ

  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ