お問い合わせ

MatYLDの特長

MatYLDの特長

シミュレーション高精度化への次の一手
高次降伏関数を使いこなすために

高強度アルミ板の自動車部品への適用増加にともない、Yoshida(6次降伏関数)や Yld2000-2D などの高次降伏関数を用いた高精度評価がプレス成形シミュレーションにおいて必要不可欠となっています。

MatYLDを用いると高次降伏関数のパラメータを実験結果から簡単に同定できるため、「成形途中のしわ表現性能の向上」や「スプリングバックの高精度化」といったプレス成形シミュレーションの高精度評価を可能にします。

高強度アルミ板の成形途中しわの高精度評価に

高強度アルミ板の成形途中しわの高精度評価に

高強度アルミ板のプレス成形では、成形途中に発生するしわが最終的な製品不良の原因となります。 従来型のHill'48などの異方性降伏関数を用いた場合、このような成形途中に発生するしわが表現できず、トライ後に大幅な手戻りが発生していました。

MatParaを用いることで、Yoshida や Yld2000-2d などの高次降伏関数を活用でき、成形途中に現れるしわが高精度に評価できるようになります。

複雑な関数のパラメータを試験結果から自動同定

Yoshida、Yld2000-2d、Gotohなど、最新の高次降伏関数のパラメータを同定できます。
板の3方向の短軸引っ張り試験データ(流動応力・降伏応力:σ0, σ45, σ90、 r値:r0, r45, r90)と等2軸引張応力(σb)の少ない実験データから各種異方性降伏関数のパラメータを同定します。

複雑な関数のパラメータを試験結果から自動同定

材料特性の理解を深めるグラフ描画

同定したパラメータや任意のパラメータ入力により、材料特性を表現する降伏曲面、短軸の流動応力とr値のグラフが描画できます。これにより、MatYLDは材料特性の理解・評価を深めるためのツールとしても利用できます。

材料特性の理解を深めるグラフ描画

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心してご活用いただくために、本製品の使用方法に関して、さまざまなサポートを提供しています。本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて>>

ページトップへ

  • ※MatYLDの開発元は、株式会社CEM研究所です。http://www.cem-inst.com/
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ