お問い合わせ

材料パラメータの自動同定

最新の理論とデータベースに基づく材料パラメーターの同定

MatParaは、種々の材料モデル(Yoshida-Uemori、Swift、Armstrong-Frederickなど)による応力ーひずみ応答の計算、最新の最適化理論による逆解析、材料試験により得られたデータベースを構成要素としています。

材料パラメータ同定の流れ

実験データが引張りデータのみの場合

引張りデータのみを使った場合、バウシンガー効果を考えないSwiftモデルでは、通常のσ-ε引張曲線に対するパラメータが決まります。バウシンガー効果を記述するYoshida-Uemori、AFモデルなどでは、応力反転側の曲線は、MatParaに内在している材料データベースから読み込まれる値を用いてパラメータ同定を行います。この場合の結果は応力反転側の実験データがないので完全に正確とは言えませんが、多くの実験から得られた材料データベースを用いているので、ほぼ妥当なバウシガー効果が再現できるパラメータの同定が可能です。

ページトップへ

  • ※MatParaの開発元は、株式会社CEM研究所です。http://www.cem-inst.com/
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ