お問い合わせ

J-Composites / Form Modelerの機能

J-Composites / Form Modelerの機能

複合材成形解析のモデリングを大幅に効率化

J-Composites / Form Moldelerは、材料データを作成・管理する「Material-DB」、積層定義する「Lay-up Modeler」、繊維結果の引き継ぎを行う「Lay-up Mapper」の3つの機能を提供します。

材料試験結果からプレス成形解析に必要な材料パラメータを自動的に同定し、材料モデルを簡単に構築できます。また、わかりやすいユーザーインターフェースにより、積層モデルを効率よく作成・管理できます。

主な機能

  • Material DBによる材料データの作成・管理
    Material DBによる材料データの作成・管理
    物性試験結果から、FEMプレス解析に必要な材料物性パラメータへ自動変換できます。また搭載されたユーザ登録機能で、カスタマイズ材料データベースの構築が可能です。標準材料データベースとして数種の材料を搭載しています。
  • Lay-up Modelerによる積層定義
    Lay-up Modelerによる積層定義
    プレス解析のモデル作成において、実成形の積層構成情報(積層シート枚数や各積層繊維方向)を正確に反映すると同時に、簡単な設定でモデルを自動作成します。また、Lay-up Modelerでは解析データの一括作成が可能です。積層材を構成する各Plyのパート指定やツールとの接触条件設定などを自動で作成するため、煩雑な繰り返し作業が不要となります。
  • Lay-up Mapperによる繊維結果の引継
    Lay-up Mapperによる繊維結果の引継
    プレス成形解析の結果を構造解析に利用できます。複合材は繊維方向に依存した材料挙動を示すため、プレス成形時の繊維方向変化は製品の機械特性に大きな影響を与えます。プレス後の繊維方向結果を、構造メッシュへマッピングすることで、成形の影響を考慮した構造解析が可能です。

機能一覧

Material DB
  • ・試験結果より材料物性の同定
  • ・カスタマイズ材料のユーザ登録・管理
  • ・標準材料データベースの搭載
Lay-up Modeler
  • ・積層材料・方向の指定
  • ・積層枚数・厚みの設定
  • ・解析接触条件の一括設定
  • ・解析モデルの自動作成
  • ・積層定義のテンプレート管理
Lay-up Mapper
  • ・繊維方向結果のマッピング
  • ・マッピング定義のテンプレート管理

動作環境

OS
  • Windows 7 Service Pack 1 (64-bit)
ライセンス形態 ノードロックライセンス、フローティングライセンス

ページトップへ

  • ※このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ