お問い合わせ

J-Composites / Form Modelerの特長

J-Composites / Form Modelerの特長

複合材のプレス成形工程検討を支援するツール

近年、自動車業界では軽量化や高性能化を目標として製品開発が盛んに行われ、多くの部品が樹脂複合材を用いて作られています。
その中でも、ドライ繊維基材および熱可塑・熱硬化プリプレグを積層したプレス成形が主な成形工法として着目され、またFEM解析を行うことにより、設計・成形への支援が期待されます。

J-Composites / Form Modelerは、樹脂複合材プレス成形解析のモデル作成ツールです。物性試験結果の解析物性データへの自動変換や積層構成の製品モデルを自動作成などにより、複合材料設計における煩雑な作業の工数削減を可能にします。
また、汎用ソルバーLS-DYNA により、プレス時のシワを正確に予測・評価するなど、成形時の材料の挙動を高精度に予測することで成形不良を予測し、開発期間・コストの削減に貢献します。

複合材設計の作業効率化を図る

物性試験結果を解析物性データへ自動変換

解析において複合材料特性を表現するには、成形温度近傍での機械試験(引張試験、せん断試験や曲げ試験)が必要です。 J-Composites / Form Modelerはこのような物性試験結果をFEM成形解析に必要な材料物性パラメータへと自動変換できます。 この機能により、物性試験後解析実施までの取り組み時間の短縮が可能になります。

物性試験結果を解析物性データへ自動変換

積層構成の製品モデルを自動作成

複合材料を使用した成形品は、製品の必要強度に応じて積層数が変化します。成形解析を目的としたモデル作成では、積層毎に構成情報を設定する必要があるため、強度の高い製品の解析はモデル作成に多くの手間や時間を必要とします。

J-Composites / Form Modelerは、実成形の積層構成情報(積層数や各積層繊維方向)を正確に反映でき、簡単な設定で自動的にモデル作成できる機能を搭載しています。この機能により、複雑な積層構成でも一括で設定できるため、モデル作成工数を大幅に削減できます。

積層構成の定義をテンプレートで管理

一度設定した積層構成定義はテンプレートとして保存できます。そのため、再度同じ積層構成を設定する場合は、テンプレートを活用することで工数の更なる削減が可能になります。

積層構成の定義をテンプレートで管理

プレス時のしわを正確に予測・評価

プレス成形では、材料設計や製品形状によって成形不良が発生したり、繊維方向が変わることがあります。
J-Composites / Form Modelerは、材料の面内特性に加えて面外の特性も考慮することで、ドライ繊維基材および熱可塑・熱硬化プリプレグのプレス時のしわを高精度に予測・評価できるため、開発期間・コストの削減に貢献します。

開発元

J-Composites / Form Modelerは株式会社JSOLの自社開発製品です。

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心してご活用いただくために、本製品の使用方法に関して、さまざまなサポートを提供しています。本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて

ページトップへ

  • ※このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ