お問い合わせ

Digimatの周辺技術

複合材を利用した製品開発時の構造計算をより高精度に行い、
製品設計の自由度を高めます

従来の複合材解析において考慮されることが少なかった、繊維配向や繊維密度をはじめとするミクロな構造を考慮した材料物性を同定するだけではなく、樹脂流動解析ソフトウェアや構造解析ソフトウェアと密に連携することにより、成形プロセスに依存する材料物性を高精度で予測し、かつその物性を構造解析と連携することで、開発プロセスにおける解析ソリューションをご提供します。

樹脂構造解析ソリューション

繊維強化樹脂製品の強度解析

JSOLでは繊維強化樹脂製品の製品の強度解析をより高精度に行い製品設計の幅を広げるため、樹脂流動解析ソフトウェア(Moldex3D)と構造解析ソフトウェア(LS-DYNA)との連携解析の提案およびトータルサポートの提供をしております。
Moldex3Dで計算される繊維配向、繊維密度、繊維長、ウェルドライン、Mucellのセル濃度分布などのデータをDigimatを用いてLS-DYNAへ引き継いで構造解析を実施することで、プロセス設計を考慮した連携解析が容易になります。

設計段階におけるCAE解析技術 設計段階におけるCAE解析技術
(樹脂流動解析〜構造解析の連携解析)

ページトップへ

  • ※Digimatの開発元はe-Xstream engineering社です。http://www.e-xstream.com/
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ