お問い合わせ

【Seminars and Events】セミナー・イベント

主催セミナー

LS-DYNAトピックスセミナー 〜乗員安全解析〜

近年、CAE技術により自動車の乗員安全性能は大きく向上してきました。更なる安全性能向上を目指して各国の法規やアセスメントは追加・修正されており、今後もCAE技術による乗員安全設計はますます重要になっていきます。

この度JSOLでは、LS-DYNAによる乗員安全解析ソリューションをご紹介するセミナーを開催する運びとなりました。乗員安全性能は、傷害値を測定するダミーのほか、シート・シートベルト・エアバッグ・内装品など様々な部品が複雑に関連しており、各部品における単品性能のみならずボデーに搭載した状況での総合的な性能を評価することが重要となります。本セミナーでは各国の法規・アセスメントの近況のご説明から、CAEで使用するダミーモデルや人体モデルのご紹介、ARUP software等のツールを用いた効率的な解析モデルの構築手法のご説明まで、乗員安全解析に関するトピックスを総合的にお話しいたします。

既に乗員安全解析に取り組んでおり、解析の精度を向上させたいお客様や、今後乗員安全解析に取り組む予定のお客様にお勧めのセミナーです。

お申し込み受付は終了しました。

開催概要

セミナー名称 LS-DYNAトピックスセミナー 〜乗員安全解析〜
日時 2015年9月29日(火)13:00〜 (受付開始 12:30)
会場

株式会社JSOL 名古屋オフィス セミナールーム[map]
名古屋市中区丸の内2-18-25 丸の内KSビル16階

対象者 シートメーカー、エアバッグメーカー等のサプライヤーのお客様
定員 20名
参加費用 無料
※弊社より「LS-DYNA」ならびに「JSTAMP」をご購入されたお客様限定
主催 株式会社JSOL

プログラム

講演者:株式会社JSOL 木之内 純枝

13:00−13:50
乗員安全関連の法規・アセスメント動向
各国の法規や、NCAPの最新動向についてご説明します。
14:00−14:50
LS-DYNAダミーモデルのご紹介
乗員安全解析で使用される各種ダミーモデルについて、開発計画や性能情報についてご紹介します。ダミーモデルのみでなく、人体を忠実に再現した人体モデル「THUMS」についてもご紹介します。
15:00−15:50
ARUP softwareを用いた乗員安全解析の設定・評価と、LS-DYNA技術動向について
エアバッグやシートベルトなど乗員安全解析に欠かせない機能のモデル化手法及び、ARUP softwareを用いた設定方法について解説します。また、スクリプトを用いたセットアップの効率化や、傷害値評価レポートの自動作成機能などについてもご説明します。
16:00−16:50
「JFOLD」「J-SEATdesigner」ご紹介
乗員安全解析をさらに精度よく実施するために、JSOLではLS-DYNAによるエアバッグ折り畳みツール「JFOLD」と、データ管理機能と自動モデルアセンブリ機能を持つシート設計専用ツール「J-SEATdesigner」を開発しています。これらのツールについてご紹介いたします。

関連製品

お申し込み

お申し込み受付は終了しました。

注意事項

  • ・定員となり次第、締め切りとさせていただきます。
  • ・同業他社及びその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • ・お申し込みの際にご入力いただいた情報は、本セミナーの運営、弊社からの情報提供以外には使用致しません。
  • ・プログラム内容、スケジュールは、やむを得ない事情で予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
  • ・お申し込みが2名に満たない場合、事前にご連絡の上、中止となる場合がございます。予めご了承ください。
  • ・準備の都合上、お申込みの取り消しはセミナー開催初日の5営業日前までにお願いいたします。
  • ・記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部
セミナー事務局

ページトップへ

*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ