お問い合わせ

HEEDSの機能

最適化探索スピードと使い勝手を両立させる機能群

HEEDSのコアとなる技術が「SHERPA」です。複数の探索アルゴリズムをサポートし、複雑な設計上のトレードオフを理解し、最適解を導きます。
また、LS-DYNAやJMAG、Abaqusなどの主要CAEソフトウェア、SolidWorksなどのCAD系のツールとダイレクトに連携し、設計最適化プロセスを開発の中で統合し自動化を進め、品質改善や開発効率の改善を実現します。
最適化の実行後、ポストプロセッサーにより、シミュレーション結果を統合的かつ俯瞰的に確認でき、全体像を把握できます。

主な機能

  • SHERPA
    SHERPA
    モデルに最適な最適化手法とチューニングパラメーターを自動で選択します。複数の最適化手法を同時に使用して効果的に最適解を探索できるため、他に類をみない速度で結果を得られます。また、構造や流体、熱伝導、電磁場、コストをはじめとする複合問題の最適解の探索(パレートフロント)を実現します。
  • ダイレクトインターフェース
    ダイレクトインターフェース
    HEEDSではCAEPortalと呼ばれる主要CAEソフトウェアへのダイレクトインターフェイスが搭載されています。LS-DYNAやJMAGをはじめ、Abaqus、SolidWorks、Moldflowなど、メジャーなソフトウェアに対応しています。そして、これらソフトウェアを組み合わせて統合したプロセスの最適化が実現できます。
  • ポスト処理
    ポスト処理
    HEEDSのポスト処理の画面は、単に最適解がわかるだけではありません。パレート面のプロット、最適化のために実行した各デザインのシミュレーション結果を統合的に表示し、全体を俯瞰した最適解を評価できます。特長的な機能に「協調的最適化」と呼ぶ機能があります。最適解探索の途中でユーザーのアイデアをHEEDSに与えると、HEEDSはそのアイデアを優先的に実行します。つまり、HEEDSとユーザーの協業が実現します。
  • 設計最適化
    指定された設計方法、解析ツールをベースにして現行のワークフローを記録し自動化します。そして、性能とコストに見合う設計空間を特定する解を自動的に、速やかに探索します。
  • 実験計画法
    実験計画法により、設計に最も影響を及ぼす変数を容易に確認できます。重要でない変数は設計から除外するか、都合のよい値、もしくは最も安価になる値にセットすることができます。これによりコストを下げながら、最適な品質にコントロールすることが可能です。
  • ロバスト性・信頼性評価
    設計寸法との誤差や材料特性のばらつき等により、どんな製品も理想とはわずかに違った動きを生じます。設計のロバスト性と信頼性を評価することでロバストで信頼できる設計を実現できます。

機能一覧

アルゴリズム
  • ・最適化手法
    • SHERPA
    • 遺伝的アルゴリズム(Genetic Algorithm)
    • 焼きなまし法(Simulated Annealing)
    • 逐次二次計画法(Non-linear sequential quadratic programming)
    • 粒子群最適化(Particle Swarm Optimization)
    • Nelder-Mead 法
    • マルチスタート局所探査(Multi-start Local Search)
    • 応答曲面を使った最適化 等
  • ・サンプリング手法
    • 完全実施要因計画(Full Factorial Designs)
    • 一部実施要因計画(Fractional Factorial Designs)
    • タグチ直交配列(Taguchi Orthogonal Arrays)
    • 中心複合計画 (Central Composite Designs)
    • ラテン超方格(Latin Hypercube Sampling)
    • D-最適計画(D-Optimal Designs)
    • Placket-Bruman 等
  • ・応答曲面手法
    • 多項式モデル(Polynomial Response Surface)
    • クリギング(Kriging)
    • RBF(Radial Basis Functions
    • Hammersley Sequences 等
  • ・ロバスト性・信頼性評価
    【確率分布モデル】
    • 一様分布、正規分布、ワイブル分布、指数分布、二項分布、対数正規分布 等
    【確率計算】
    • モンテカルロシミュレーション
    • ラテン超方格法(Latin Hypercube Sampling)
    • FORM(First Order Reliability Method)
プリ処理
  • ・使いやすさと高機能を両立させたGUI
  • ・タブに沿って入力するだけ
ポスト処理、データ評価
    • パレート面プロット
    • バブルチャート
    • 2次元/3次元プロット、バルブチャート
    • 散布図マトリクスチャート
    • 多次元解析チャート
    • 確率分布(ヒストグラム)
    • カーブフィット
    • 2次元/3次元の応答曲面マップ 等
並列処理・ダイレクトインターフェース
  • ・並列処理
  • ・ダイレクトインターフェース
    【CAE】
    • LS-DYNA
    • JMAG
    • STAR-CCM+
    • Abaqus
    • Adams
    • ANSYS Workbench
    • Matlab
    • Moldfolw
    • Nastran
    • SolidWorks Simulation 等
    【CAD】
    • SolidWorks
    • CATIA
    • NX 等
    【その他】
    • ANSA
    • Comet Workspace
    • Excel
    • SFE Concept
    • Tosca 等

動作環境

OS Windows32-bit/64-bit,Linux
CPU Pentium550MHz以上
メモリ 128MB以上 ※ご利用になる解析内容により異なります
ハードディスク インストール時に600MB以上
ディスプレイ解像度 1280x1024以上
ネットワークカード 必須(ライセンスシステムに必要)

ページトップへ

*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ