お問い合わせ

HYCRASHの機能

衝突用解析モデルの入力と、プレス成形材のパート番号指定だけで、加工硬化を考慮した初期条件を設定

HYCRASHでの加工硬化の計算に必要な入力データは、衝突用解析モデルのみです。どのパートがプレス成形材かを番号で指定するだけで、HYCRASHがそれら全てのパートに対して成形解析を実施します。計算結果はLS-DYNAの初期条件(板厚、塑性ひずみ)として自動的に生成され、そのまま衝突解析に使用することができます。

詳しい利用方法やトライアルのご希望につきましては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

動作環境

OS
  • Windows 7 Service Pack 1 Professional, Enterprise,
    Ultimate (32-bit / 64-bit)
CPU Intel Core i7, Xeon
メモリ 1 GB 以上推奨(解析内容による)
ハードディスク
  • インストール時 : 100MB 以上の空き
  • 実行時 : 解析内容による
ネットワークカード 必須 (ライセンスシステムに必要)
  • ※1 以下のOSはサポートしておりません
  • ・Windows XP Professional (32-bit / 64-bit) ※2014/4/9サポート終了
  • ・Windows Vista
  • ・Windows 7 Home Premium (32-bit / 64-bit)
  • ※2 以下のOSについてはお問い合わせください
  • ・Linux
  • ・UNIX

ページトップへ

  • ※LS-DYNAは米国 Livermore Software Technology Corporation の登録商標です。
  • ※HYSTAMPは株式会社JSOLの登録商標です。
  • ※HYCRASHは株式会社JSOLの登録商標です。
  • ※車体モデル提供:NCAC/GWU
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ