お問い合わせ

ARUP softwareの特長

ARUP softwareの特長

自動車衝突・乗員安全解析専用プリポストプロセッサー

ARUP softwareパッケージは自動車衝突・乗員安全解析のための専用のプリポストプロセッサーです。衝撃・構造解析ソフトウェア LS-DYNA とのダイレクトインターフェイスにより、大規模かつ複雑な自動車衝突解析モデルのセットアップを極めて効率的に行うことができ、また車体挙動や乗員傷害値などに関する解析結果の評価を簡単な操作で行えるよう設計されています。
ARUP softwareは自動車衝突解析に携わるエンジニアのために開発された最強のCAEツールです。

ARUP softwareの構成

ARUP softwareパッケージは、PRIMER、D3PLOT、T/HIS、REPORTERの4種のプリポストプロセッサーで構成されています。

LS-DYNA専用プリプロセッサー PRIMER

PRIMERは、LS-DYNA専用のプリプロセッサーです。ほぼ100%のキーワードに対応、豊富なチェック機能を備えています。複雑な参照関係を網羅しているため、信頼性が高く、データロストや参照関係の破壊を防ぎます。また、乗員ダミーモデルのポジショニングやシートベルトフィッティング、エアバッグ折り畳みなど、自動車安全解析に特化したツールにより、モデル作成の工数削減を実現します。さらに、ユーザー独自の手順に合わせたカスタマイズを行うことも可能です。

解析実行前のモデルチェック機能 解析実行前のモデルチェック機能

乗員ダミーモデルのセッティング 乗員ダミーモデルのセッティング

LS-DYNA専用ポストプロセッサー D3PLOT、T/HIS

D3PLOTは、LS-DYNA専用のポストプロセッサーです。多彩な描画方法に対応し、高速なポスト処理が可能です。
T/HISは、LS-DYNA専用のグラフプロセッサーです。処理を自動化するスクリプト機能も備え、処理工数の大幅な削減が可能です。
D3PLOTとT/HISにより、アニメーションとグラフを連動して表示することができます。

アニメーションとグラフの連動表示 アニメーションとグラフの連動表示

解析ケース間の差分表示(D3PLOT) 解析ケース間の差分表示(D3PLOT)

解析結果の自動レポーティングツール REPORTER

レポート作成画面 レポート作成画面

REPORTERは、D3PLOT、T/HISと連動した解析結果処理ツールです。テンプレートによる解析結果の一括自動処理により、ひとつの仕様に対して複数の解析が必要な場合(FMH、歩行者保護、ストカスティック解析など)に威力を発揮します。作成したレポートは、HTML、PDFなどにより出力できます。

開発元

ARUP softwareの開発元は、Ove Arup & Partners (英国)です。

Ove Arup & Partners ウェブサイト

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心して解析ソフトウェアをご利用いただくための、さまざまなサポートを提供しています。
本ソフトウェアに関する詳細は、弊社営業担当までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて

ページトップへ

  • ※ARUP softwareの開発元は、Ove Arup & Partners (英国)です。
  • ※LS-DYNAは米国 Livermore Software Technology Corporation の登録商標です。
  • ※車体モデル提供:NCAC/GWU
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ