お問い合わせ

OmniCADの特長

ダイフェースのモデリング作業負荷を大幅に軽減

OmniCADは、高品質な3Dサーフェスの作成や修正を意図した通りに行い、CAEでのバーチャルトライアウトを効率よく行えるモデリング環境を提供します。

独自仕様の機能により、製品データからダイフェースを短時間で作成できます。余肉断面形状を任意に設定でき、断面のつながりは形状を損なうことなく自然な形に仕上がります。また、しわ押さえ面の入替えや振り角の変更のような大幅な修正も少ない工数で対応できます。さらに、どのような操作段階でも面の高次の連続条件を考慮できるため、高品質な意匠面のデータ作成が可能です。

短時間でのダイフェースの作成

ダイフェースの作成では、余肉面やしわ押さえ面、ドロービードを適切に構成する必要があるため、特に設計初期はモデリング工数が増加します。一方でCAEでの成形性確認は、手戻りを最小限に抑えるため初期の段階で早急に行う必要があります。このような相反するニーズに応えるため、OmniCADはダイフェースを製品形状から作成する工程を短時間で行います。また、強力なサーフェス構成技術が複雑な曲面を必要とする余肉を簡単に作成します。

さらに、玉成過程でのダイフェース修正にはパッケージ共通のコア機能やモーフィングの機能が威力を発揮します。製品入れ替えやしわ押さえ面の入れ替えのような大幅な修正でも、わずかな修正工数で既存データを再利用できます。また、安定したヒストリやパラメトリック機能により、修正工数のさらなる削減が期待できます。

型簡易作成における製品延長工程 型簡易作成における製品延長工程

型簡易作成における肩Rフィレット工程 型簡易作成における肩Rフィレット工程

CAEに着手できるサーフェスを簡易に作成

ダイフェース設計では、われ、しわ、キズなど、様々な不良要因への対応が必要です。そのため、余肉の断面は複雑な形状になることが多く、意図したサーフェスの作成は難易度の高い作業となります。

OmniCADは、断面形状やその配置に制限がなく、経験のないダイフェース設計を行う場合でも容易に対応できます。また、形状の異なる断面をつないだり製品の延長面をなだらかにして、しぼり面を適正にする「ぼかし」の部位を断面形状の特徴を活かして作成できます。また、形状はできるだけ忠実に、しかしオペレーションは簡易になるよう、モデリング工数を最小限に抑えたフィーチャーとして提供します。

その結果、CAEに着手できるサーフェスの作成が容易になり、トライアウトの作業サイクルが短縮できます。

製品形状の余肉におけるぼかしの例1 製品形状の余肉におけるぼかしの例1

製品形状の余肉におけるぼかしの例2 製品形状の余肉におけるぼかしの例2

クラスA サーフェス品質対応

自動車のアウターパネルに代表される製品の意匠面には、クラスA精度のサーフェスが要求されます。そのため、設計途中の検討段階で強力なモーフィング機能を使用しても、最終出図工程ではサーフェスの再作成が必要になる可能性があります。

OmniCADのサーフェス修正では、サーフェスの高次の連続を考慮するオプションが実装されています。そのため、どの段階の玉成工程でも精度を維持しながらモデルの編集ができ、品質を落とさずに設計検討ができます。またスプリングバックの見込みを行う場合も、CAEによる検討結果として参照するメッシュの品質に左右されず、元のサーフェスの品質を保って見込み面を作成できます。

クラスA サーフェス品質対応イメージ

形状変更時のメニュー 形状変更時のメニュー

開発元

OmniCADの開発元は Omnicad srl. です。

イタリア・トリノを拠点とするOmnicad社は、ダイフェース設計支援を目的とした独自技術のソフトウェアを20年以上にわたり開発しています。自動車関連企業を中心に300ライセンス以上の導入実績を持ち、自動車に関する生産技術分野の発展に貢献しています。

Omnicad srl. Webサイト

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心してご活用いただくために、本製品の使用方法に関して、さまざまなサポートを提供しています。 本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて

ページトップへ

  • ※OmniCADの開発元はOmnicad社です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ