お問い合わせ

MatParaの特長

MatParaの特長

ハイテン材の高精度なスプリングバック予測に有用

繰返し負荷が加わる構造物の応力解析や板材成形におけるスプリングバック解析などでは、金属材料に繰返し応力−ひずみ挙動(バウンシンガー効果、繰返し硬化など)を表現する弾塑性材料モデル(構成式)が必要になります。材料の繰返し応力ーひずみ挙動は実験により求めることができますが、繰返し弾塑性モデルには多くの材料パラメータが含まれているため、その材料の挙動を的確に表すためのパラメータの値を実験データから決めることは簡単ではありません。

MatParaは、実験データから自動的に材料パラメータを決定するためのソフトウェアです。本ソフトウェアを用いることで、誰でも簡単にパラメータ同定できます。こうした機能を持つMatParaと、吉田・上森モデルを標準装備するプレス成形シミュレーションシステムJSTAMPとを連携することにより、ハイテン材のスプリングバックをより高精度に予測することができます。

吉田・上森モデルの材料パラメータ同定

吉田・上森モデルは、バウンシンガー効果(応力反転時の変形抵抗の低下)が強く現れるハイテン材の曲げ成形などで、非常に高精度なスプリングバック評価が出来ると、世界的に高い評価を得ています。
(国際学会NUMISHEET2011※1のベンチマークNo4※2で約6割の参加者が吉田・上森モデルを使用)

この吉田・上森モデルを実用的にご活用いただくには、材料毎のパラメータ決定が不可欠です。MatParaでは、引張り・圧縮の繰返し試験データからはもちろん、引張り試験のみからでも、吉田・上森モデルの記述に必要なパラメーターを同定することができます。

  • ※1 Numisheet2011 http://www.numisheet2011.org/
  • ※2 780材の予ひずみ付加後ハット曲げスプリングバック問題

開発

MatParaは、広島大学大学院工学研究科弾塑性工学研究室(代表者 吉田総仁教授)の研究成果をもとに、株式会社CEM研究所により開発され、現在も強化が続けられています。

最新版 Ver2.0.0.0の新機能
 ・対象材料の拡張(超ハイテン材、ステンレス鋼、アルミ合金など)
  >> 対象材料の詳細については、機能ページの「仕様」をご覧ください。
 ・吉田・上森モデルにおいてμパラメータ入力により、大ひずみ域での硬化特性が調整可能になりました。

JSOLが強力にサポート

JSOLでは、安心してご活用いただくために、本製品の使用方法に関して、さまざまなサポートを提供しています。 本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて>>

ページトップへ

  • ※MatParaの開発元は、株式会社CEM研究所です。http://www.cem-inst.com/
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ