お問い合わせ

JSTAMP/LTの機能

設計段階での成形性評価に最適な機能を装備

JSTAMP/LTは、製品形状CADデータ(完成品の設計データ)を入力して、ブランク材から製品形状までのプレス成形性を、短時間で評価する機能を備えています。計算の結果は、板厚分布や板厚減少率、応力などをカラーコンターで表示して確認することができます。また、われの発生を精度よく予測できる成形限界線図(FLD)や、断面に沿った板厚減少率のグラフを出力する機能もあります。

主な機能

  • ブランクライン展開
    ブランクライン展開
    製品形状から、数十秒の計算でブランク展開ラインを予測します。型費の見積もりに有効です。
  • 成形性評価
    成形性評価
    フォーム成形やドロー成形製品において、最終形状のみから成形性の評価ができます。製品設計段階での成形性評価が可能になります。
  • トリムライン展開
    トリムライン展開 *
    製品形状、絞り形状から、トリム展開ラインを数分間で精度よく予測します。
  • 結果表示(コンター図)
    結果表示(コンター図)
    板厚分布、板厚減少率分布、応力分布などをカラーコンターで表示します。成形時のトラブルを事前に評価できます。
  • 結果表示(FLD)
    結果表示(FLD)
    われの発生を精度良く予測できる成形限界線図(FLD)を表示します。
  • 結果表示(板厚減少率グラフ)
    結果表示(板厚減少率グラフ)
    断面に沿った板厚減少率をグラフ表示で確認できます。
  • スプリングバック解析 *
    成形後のスプリングバック量を計算し、スプリングバック後の形状を表示します。

より高精度な解析をお求めの方は、 JSTAMPをご検討ください。

・LS-DYNA、JOH/NIKEにHYSTAMPを加えたトリプルソルバーを標準搭載
・初期金型設計〜詳細設計まで幅広くサポート
・スプリングバック形状の評価機能など不具合対策に効果を発揮
・JSTAMP/LT の高い拡張性によりスムーズなアップグレードが可能

JSTAMPの詳細はこちら >>

  • *の付いた機能は有償オプションです。価格改定などにより予告なく変更となる場合がありますので、詳細につきましては弊社営業担当にお問い合わせください。

動作環境

OS ※ 1
  • Windows 7 Service Pack 1 Professional, Enterprise, Ultimate (64-bit)
    Windows 10 Pro, Enterprise (64-bit)
CPU Intel Core i7, Xeon
メモリ 4 GB 以上(解析内容による)
ハードディスク
  • インストール時 : 2 GB 以上の空き
  • 実行時 : 解析内容による
ディスプレイ解像度 1280x1024 以上
グラフィックカード
  • OpenGL 対応
  • ハイスペックモデルが必須 (VRAM 512 MB 以上推奨)
ネットワークカード 必須 (ライセンスシステムに必要)
  • ※1 以下のOSはサポートしておりません
  • ・Windows XP Professional (32-bit / 64-bit) ※2014/4/9サポート終了
  • ・Windows Vista
  • ・Windows 7 Home Premium (32-bit / 64-bit)
  • ・Linux
  • ・UNIX

ページトップへ

  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ