お問い合わせ

J-OCTAのライブラリ

J-OCTAのライブラリ

J-OCTAの利用に役立つ技術情報をご提供

このページでは、雑誌に掲載されたJ-OCTAに関係する記事のダウンロードや過去のユーザー会議の講演一覧、関連サイトへのリンクなど、J-OCTAのご利用に役立つ情報を提供いたします。

ソフトウェアダウンロード(ユーザー限定)

J-OCTA関連の最新モジュールや技術情報を、こちらからダウンロードいただけます。

J-OCTAユーザーサイト

雑誌掲載記事

雑誌に掲載された記事の一部をお読みいただけます。
全文をお読みいただくには、各ページからのお申し込みが必要となります。

高分子材料物性シミュレーションの最新動向 −J-OCTAの事例を中心に−
雑誌名 :日本包装学会誌 Vol.26 No.2 (2017)
シミュレーションを活用した機能性材料の開発
雑誌名 :高分子関連技術情報誌「Polyfile Vol.51 No.599」
第4回 分子シミュレーションによる材料設計
雑誌名 :高分子関連技術情報誌「Polyfile Vol.53 No.590」
  • ※掲載記事の内容を一部変更しています。
  • ※掲載内容および発表者の所属先は、一部旧社名での表記となっております。予めご了承ください。

J-OCTAユーザー会議 講演一覧

  • +全て表示する
  • -全て非表示にする
+J-OCTAユーザー会議2016
  • 日程/会場:2016年11月25日(金) 東京コンファレンスセンター品川
  • ・J-OCTAの最新機能と今後の開発ロードマップ
    • 株式会社JSOL 小沢 拓
  • ・高分子の結晶化とコンピュータ・シミュレーション
    • 山口大学 理工学研究科 教授 山本 隆 氏
  • ・Multiscale modeling scheme to connect molecular dynamics to virtual material characterization and structural analysis
    • Mr. Philippe Hebert, Product Manager, e-Xstream Engineering
  • ・電子写真材料用シミュレーション技術の開発と適用事例
    • 富士ゼロックス株式会社 研究技術開発本部 基盤技術研究所 研究主査 世古 丈裕 氏
  • ・平均場理論によるdirected self-assembly(DSA)のコンピュータシミュレーション 〜hole shrinkとpitch-multiplication〜
    • 旭化成株式会社 基盤技術研究所 研究員 岩間 立洋 氏
  • ・多成分系に対応した粘弾性相分離シミュレータの開発
    • 東亞合成株式会社 基盤技術研究所 飯田 優羽 氏
  • ・粗視化分子動力学から見たフィラー充填ゴムの補強とヒステリシスの発現メカニズム
    • 横浜ゴム株式会社 研究本部 課長代理 小島 隆嗣 氏
  • ・INNOVATIVE SOLUTIONS FOR MATERIALS DESIGN. SIESTA: READY FOR THE INDUSTRY
    • Mr. Ander De Bustos, CEO, Simune Atomistics S.L.
    • Dr. Monica Garcia-Mota, Simulations Manager, Simune Atomistics S.L.
  • ・J-OCTA V3.0 機能紹介
    • 株式会社JSOL

詳細はこちら

講演資料はこちら(ユーザー限定)

+J-OCTAユーザー会議2015
  • 日程/会場:2015年11月27日(金) 東京コンファレンスセンター品川
  • ・J-OCTAのロードマップ
    • 株式会社JSOL 小沢 拓
  • ・Onsager の変分原理とそのソフトマターの拡散・流動現象への応用
    • 北京航空航天大学 ソフトマター物理研究センター 教授 土井 正男 氏
  • ・FMO 計算プログラムABINIT-MP のものづくり分野への応用
    • 立教大学 理学部化学科 教授 望月 祐志 氏
  • ・構造材料の強度・物性評価における原子・電子シミュレーションの活用
    • 大阪大学 基礎工学研究科 准教授 君塚 肇 氏
  • ・京コンピュータを用いたタイヤ用ゴムの大規模分子動力学シミュレーション
    • 住友ゴム工業株式会社 材料開発本部 材料第三部 課長代理 内藤 正登 氏
  • ・OCTA/COGNAC の開発動向と、OCTA 利用事例紹介
    • 旭化成株式会社 基礎技術研究所 特級高度専門職 青柳 岳司 氏
  • ・OCTA新機能紹介
    • OCTAユーザー会
  • ・J-OCTA V2.0 機能紹介
    • 株式会社JSOL 大畠 広介
  • ・分子動力学による冷媒・潤滑油混合物の物性評価および反応粗視化分子動力学によるエポキシ樹脂の解析
    • 株式会社 日立製作所 研究開発グループ 機械イノベーションセンタ
    • 高度設計シミュレーション研究部 研究員 杉井 泰介 氏
  • ・塗工スラリーの分子シミュレーション
    • トヨタ自動車株式会社 材料技術開発部 主任 諸星 圭 氏

詳細はこちら

+J-OCTAユーザー会議2014
  • 日程/会場:2014年11月21日(金) 東京コンファレンスセンター品川
  • ・J-OCTAの最新機能と今後
    • 株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部
  • ・シミュレーション結果から有用となる情報を解析する 〜Directed Self Assemblyとフィラー充填系材料の解析〜
    • 独立行政法人産業技術総合研究所 主任研究員 森田 裕史 氏
  • ・熱硬化性樹脂の硬化プロセスおよび機械的特性評価に関する数値シミュレーション
    • 東北大学 大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 教授 岡部 朋永 氏
  • ・ガラス状高分子の一軸伸長粗視化MDシミュレーション
    • 三井化学株式会社 先端解析研究所 主任研究員 小林 直樹 氏
  • ・粗視化分子動力学法を用いたウェルド界面の構造解析
    • 日本ポリケム株式会社 研究開発部 副主席研究員 横溝 勝行 氏
  • ・古典分子動力学法によるEDLCナノ細孔中の電解液物性の理論解析
    • 株式会社村田製作所 分析センタ 岡田 康明 氏
  • ・ポリブタジエンの粗視化分子動力学シミュレーション
    • 株式会社ブリヂストン フェロー 島 広志 氏
  • ・マルチスケーリングを導入した熱可塑性エラストマーの大規模シミュレーション
    • 日本ゼオン株式会社 総合開発センター基盤技術研究所 主席研究員 本田 隆 氏
  • ・複合材料のマルチスケールシミュレーション
    • 株式会社JSOL 一ノ瀬 規世

詳細はこちら

+J-OCTAユーザー会議2013
  • 日程/会場:2013年10月22日(火) 東京コンファレンスセンター品川 Conference Room 406
  • ・散逸粒子動力学(DPD)法を用いたソフトマターの解析 〜手法の基礎から応用まで〜
    • 電気通信大学 知能機械工学科 助教 荒井規允氏
  • ・高強度ポリマーアロイのモルフォロジー予測
    • 株式会社豊田中央研究所 有機材料プロセス研究室 主任研究員 山本智氏
  • ・有機太陽電池における相分離構造の形成メカニズムに関する考察
    • 株式会社三菱化学科学技術研究センター 基盤技術研究所 グループリーダー 樹神弘也氏
  • ・フィラー充填系材料における様々な粗視化シミュレーションとフリー版OCTAの可視化技術の拡張
    • 独立行政法人産業技術総合研究所 ナノシステム研究部門 主任研究員 森田裕史氏
  • ・タイヤ用ゴムの開発における分子シミュレーションの適用
    • 住友ゴム工業株式会社 材料開発本部 坂牧隆司氏
  • ・オリゴマーの界面偏析を利用した粘接着特性の改質
    • 東亞合成株式会社 基盤技術研究所 所長 佐々木裕氏
  • ・J-OCTA/VSOPおよびFOCUSスパコンを用いたフェノール樹脂架橋ネットワークの全原子MDシミュレーション
    • 住友ベークライト株式会社 研究開発本部 コーポレートR&Dセンター 主任研究員 和泉篤士氏
  • ・計算科学的アプローチによるポリスチレンのガラス状態における複屈折発現メカニズム解明
    • 東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻 助教 久保山敬一氏
  • ・Image based modeling using Simpleware
    • Simpleware Ltd, Rebecca Bryan氏
  • ・J-OCTAの最新機能と今後
    • 株式会社JSOL 小沢拓

詳細はこちら

+J-OCTA技術交流会2012
  • 日程/会場:2012年12月3日(月) 東京コンファレンスセンター品川 Conference Room 406
  • ・高分子溶液の乾燥:現象・モデリング・シミュレーション
    • 公益財団法人 豊田理化学研究所 フェロー 土井正男氏
  • ・OCTAを用いたソフトマテリアル材料・プロセスにおける適用研究 -薄膜プロセス、粘着、大規模計算へ-
    • 独立行政法人産業技術総合研究所 ナノシステム研究部門 主任研究員 森田裕史氏
  • ・COGNAC新バージョンの機能と並列化の動向
    • 旭化成株式会社 基盤技術研究所 特級高度専門職 青柳岳司氏
  • ・SUSHI9の新規機能
    • 日本ゼオン株式会社 総合開発センター 基盤技術研究所 研究員 本田隆氏
  • ・J-OCTA/COGNACを用いた液晶性エポキシ樹脂の全原子シミュレーション
    • 山形大学 大学院理工学研究科 准教授 香田智則氏
  • ・NAPLES 最近の話題と次期モデル
    • 京都大学 化学研究所 准教授 増渕雄一氏
  • ・原子団寄与による新規溶解性パラメータ推算法(KRI-NIWA法)の開発
    • 株式会社KRI アドバンスド材料研究部 主任研究員 丹羽淳氏
  • ・J-OCTAの最新機能と今後
    • 株式会社JSOL 小沢拓

詳細はこちら

+J-OCTAユーザー会議2011
  • 日程/会場:2011年 7月25日(月) 弊社東京本社
  • ・分子シミュレーション研究の動向と計算環境
    • 慶應義塾大学 理工学部機械工学科 泰岡顕治氏
  • ・澱粉およびセルロース系の全原子シミュレーション
    • 山形大学 大学院理工学研究科 香田智則氏
  • ・JSOL ソリューションのご紹介
    • 株式会社JSOL 宮地岳彦
  • ・分子動力学法のゴムへの活用
    • 株式会社ブリヂストン 中央研究所 研究第2部 島広志氏
  • ・粗視化分子動力学法によるFC高分子電解質膜の機械強度解析
    • トヨタ自動車株式会社 FP部 諸星圭氏
  • ・J-OCTAの最新機能と今後
    • 株式会社JSOL 小沢拓
  • ・COGNACを用いた高分子の光学物性検討
    • 住友化学株式会社 樹脂開発センター 宮崎洋介氏
  • ・COGNACを用いたフェノール樹脂架橋ネットワーク構造の応力歪解析
    • 住友ベークライト株式会社 基礎研究所 和泉篤士氏

詳細はこちら

+J-OCTA技術交流会2009
  • 日程/会場:2009年 9月28日(月) 弊社東京本社
  • ・分子レオロジーシミュレーターNAPLES
    • 京都大学 化学研究所 増渕 雄一氏
  • ・旭化成グループにおける最近のOCTA適用事例
    • 旭化成株式会社 基盤技術研究所 青柳 岳司氏
  • ・J-OCTAの現況と今後の予定
    • 株式会社JSOL
  • ・ナノフィラー充填架橋ゴムの粗視化シミュレーション
    • 三ツ星ベルト株式会社 研究開発本部 柳生 裕聖氏
  • ・COGNACを用いた表面間力のシミュレーション
    • 株式会社三菱化学科学技術研究センター 生産技術研究所 泉沢 悟氏
  • ・Direct Force Fieldによる凝集エネルギー密度の予測
    • 株式会社菱化システム 科学技術システム事業部 計算科学部 佐藤 史一氏

詳細はこちら

+J-OCTA Users Conference 2007
  • 日程/会場:2007年10月30日(火)、31日(水) 名古屋国際会議場
  • 2007年10月30日(火)
  • ・分子シミュレーションによる機能性分離膜の材料設計
    • 福井大学 大学院工学研究科物理工学専攻 玉井 良則氏
  • ・両親媒性分子溶液の粘弾性挙動の研究
    • 慶應義塾大学 理工学部機械工学科 堀田 篤氏
  • ・含水したエチレンビニルアルコール共重合体(EVOH)の分子構造の計算機シミュレーション
    • 日本合成化学工業株式会社 中央研究所 先端技術センター 山本 友之氏
  • ・OCTAシミュレーションによるフィラー-ポリマー系の界面評価〜電力機器用ナノコンポジット実現を目指して〜
    • 株式会社東芝 電力・社会システム技術開発センター 澤 史雄氏
  • ・OCTA/J-OCTAを用いた物性推算への取組
    • 出光興産株式会社 中央研究所 若林 淳氏
  • ・J-OCTAの現状と今後の構想
    • 株式会社日本総研ソリューションズ 小沢 拓
  • 2007年10月31日(水)
  • ・OCTAを用いたソフトマテリアルの仮想実験
    • 東京大学大学院/科学技術振興機構 工学系研究科 物理工学専攻 森田 裕史氏
  • ・高精度分子シミュレーション支援ソフトウエアDirect Force Fieldのご紹介
    • 株式会社菱化システム 科学技術システム事業部 計算科学部 佐藤 史一氏
  • ・機能商品設計のためのシミュレーション
    • 株式会社三菱化学科学技術研究センター R&D部門 機能商品研究所 樹神 弘也氏
  • ・体積ホログラムにおける収縮の影響
    • 東亞合成株式会社 新事業企画推進部 新事業企画グループ 佐々木 裕氏
  • ・高分子材料開発へのOCTAの応用を目指して
    • 三井化学株式会社 マテリアルサイエンス研究所 小林 直樹氏

詳細はこちら

+J-OCTA Users Conference 2006
  • 日程/会場:2006年9月19日(火) 赤坂プリンスホテル
  • ・高分子ダイナミクスの基礎と最近の発展
    • 山形大学 工学部 機能高分子工学科 滝本 淳一氏
  • ・高分子複合系の相分離挙動の数値的予測手法の発展
    • 東北大学 理学研究科 物理学専攻 川勝 年洋氏
  • ・架橋ゴムの変形シミュレーション
    • SRI研究開発株式会社 材料プロセス研究部 皆川 康久氏、尾藤 容正氏
  • ・硬化性材料開発への計算機シミュレーションの利用
    • 東亞合成株式会社 新事業企画開発部 佐々木 裕氏
  • ・量子ビーム技術を駆使した燃料電池用高分子電解質膜の開発
    • 日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 八巻 徹也氏
  • ・J-OCTAの現状と今後の構想
    • 株式会社日本総研ソリューションズ 小沢 拓

詳細はこちら

リンク

ページトップへ

  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ