お問い合わせ

J-OCTAの特長

J-OCTAの特長

J-OCTAは材料研究開発の最前線でお役に立ちます

J-OCTA(ジェイ・オクタ)は、ゴム・プラスチック・薄膜・塗料・電解質など多岐に渡る材料開発に際し、原子スケールからマイクロメートルスケールまでの材料特性をコンピュータ上で予測する、材料物性解析ソフトウェアです。
実験結果のみでは把握しきれなかった複雑な現象・物性を理解する知識発見ツールとしてご活用いただけます。
それぞれのスケールに応じたシミュレータを共通のプラットフォーム上で連携し動作させることで、最先端の材料設計や素材開発を支援いたします。

J-OCTAとは

J-OCTAでは、次のようなシミュレーションを行うことができます。

J-OCTAの構成

J-OCTAでは、VSOP以外はOCTA(オープンソース)の計算エンジンを用いています。各機能を用いるにはJ-OCTAプラットフォームが必要となりますが、QSPRのみ利用できる特別なバージョンもございます。

  • ・J-OCTAプラットフォーム
     - 分子軌道法インターフェース
     - 解析事例データベース
  • ・COGNACモデラー(粗視化分子動力学モデラー)
     - DPDモデラー(散逸粒子動力学)を含む
  • ・PASTA & NAPLESモデラー(レオロジーモデラー)
  • ・SUSHIモデラー(動的平均場モデラー)
  • ・MUFFINモデラー(多相構造モデラー)
  • ・VSOP(並列分子動力学エンジン)
  • ・QSPR(定量的構造物性相関)
  • ・リバースマッピング機能
  • ・溶解度係数推算機能
  • ・相図からのXパラメータ推算機能
  • ・KRI-NIWA(高精度原子団寄与法)

J-OCTAの構成 J-OCTAの構成

Student Editionについて

J-OCTA Student Edition は、J-OCTAの機能の中から一部の機能を抜粋した製品です。簡単な検証計算や評価を手軽に実施することができます。どなたでも「完全フリー」で使用可能で、ライセンス申請やライセンス登録等は不要です。OCTAによるシミュレーションのための分子モデリングや解析の補助ツールとして、また、J-OCTA導入前の検討・評価などにご活用ください。

詳細はこちら

開発元

octa

J-OCTAは産学連携プロジェクトで開発された ソフトマテリアルに対する統合的なシミュレータ「OCTA」の商用版ソフトウェアです。OCTAはオープンソースソフトウェアです。

OCTAの機能詳細はこちら

サポート

J-OCTAの構成 導入サポートで業務の立ち上げをスムーズに

サポート契約をお申し込みのお客さまには、専属のスタッフによる電子メール等のサポートサービスをご提供いたします。 また導入初期には、解析業務の立ち上げにご協力いたします。
またJSOLでは、基礎理論から操作方法に至るまで、幅広いセミナーを開催しています。

JSOLのサポートについて

受託解析・コンサルティング

項目樹脂やゴムなどの高分子材料に代表されるソフトマテリアルの物性予測およびメカニズム理解のため、主にOCTA/J-OCTAシステムに含まれるシミュレーション手法を用いた解析コンサルティングサービスをご提供しています。

お客様のテーマにつき、事例調査・モデリング・入力データ作成・解析実行・結果の分析までを一括してお受けします。報告書とともに、解析用入出力ファイルもご提供いたします。

また、OCTA/J-OCTAシステムのカスタマイズサービスも行っております。

詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

ページトップへ

  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ