お問い合わせ

Digimatのモジュール:樹脂複合材解析

Digimatの樹脂複合材解析モジュールについてご紹介いたします。

Digimat-MAP

Digimat-MAP

Digimat-MAP は射出成形とFEM構造解析の異なるメッシュ間で、繊維配向、残留応力、温度およびウエルドラインの3次元のデータマッピングを行うソフトウェアです。オリジナルデータとマッピング結果の差を評価する機能を有しており、成形プロセスを考慮しつつ、構造解析において最適なメッシュを利用できます。

Digimat-MAPの主な機能

  • マッピング可能なデータ
    マッピング可能なデータ
    樹脂流動解析から取得した繊維配向、繊維長分布、繊維密度分布、残留応力、温度分布、ウェルドライン、Mucellのマッピングが可能です。
  • シェル&ソリッドマッピング
    シェル&ソリッドマッピング
    樹脂流動解析と構造解析の異なるメッシュタイプ間の高精度のマッピングが可能です。

Digimat-MAPの機能一覧

  • +全て表示する
  • -全て非表示にする
+マッピング可能なデータ
  • ・繊維配向
  • ・繊維長分布
  • ・繊維密度分布
  • ・残留応力
  • ・温度分布
  • ・ウエルドライン
  • ・Mucell空孔率
+シェル&ソリッドマッピング
  • ・Midplane データから多層シェル要素
  • ・ソリッド要素からソリッド要素
  • ・ソリッド要素からシェル要素
  • ・シェルの板厚方向積分点数低減
+対応ファイルフォーマット
  • ・メッシュ
    • 3DTimon/Abaqus/ANSYS/Ideas/LS-DYNA/Marc/Nastran/PAM-CRASH/PAM-FORM/Patran/RADIOSS/REM3D/SAMCEF/SIMULAYT
  • ・データ
    • 2DTimon/3DTimon/Digimat/Mgmasoft/Moldex2D/Moldex3D/Moldflow3D/Moldflow_Midplane/Moldflow_Midplane_XML/ProCAST/REM3D/SigmaSoft/Simpoe
+対応要素タイプ
  • ・流動解析側メッシュ
    • シェル要素:三角形要素/四角形要素
    • ソリッド要素:四面体要素/六面体要素/五面体(三角柱)要素
  • ・構造解析側メッシュ
    • シェル要素:三角形要素/四角形要素
    • ソリッド要素:四面体要素/六面体要素/五面体(三角柱)要素
+データのポスト処理機能
  • ・コンターおよびベクトル表示
  • ・楕円体によるテンソル場表示
  • ・シェル要素の板厚方向の繊維配向表示
  • ・ソリッド要素の断面表示
  • ・重ね合わせ表示
+誤差評価機能
  • ・全体/局所誤差表示によるマッピング精度の評価

Digimat-CAE

Digimat-CAE

Digimat-CAE はDigimat-MFと樹脂流動解析および構造解析間の連携を実現するインターフェースです。有限要素法による非線形の構造解析において、複数相材料のミクロ構造に基づいた非線形材料モデルの定義が行えます。さらに、射出成形過程における材料の加工プロセスを考慮し、材料のミクロ構造(繊維配向、含有量、形状等)を通して樹脂流動解析と構造解析との連携を行えます。

Digimat-CAEの主な機能

  • 各相に適用可能な非線形材料モデル
    連携可能な解析ソフトウェア
    樹脂流動解析、構造解析、疲労解析、ドレープ解析、鋳造解析、および断層撮影の各種ソフトウェアとの連携により複数相の材料定義を行い、橋渡しを実現します。

Digimat-CAEの機能一覧

  • +全て表示する
  • -全て非表示にする
+Digimat-CAEの概要
  • ・解析手法
    • Micro/Hybrid(高速化手法)/Macro(線形領域のみ)
  • ・適用可能な材料モデル(ご使用になるFEMソルバによって異なります)
    • 弾性/熱弾性、粘弾性/熱粘弾性、弾塑性/熱弾塑性、弾粘塑性、粘弾・粘塑性
    • ダメージモデル、Progressivefailure
    • 不連続繊維(短繊維、長繊維)、連続繊維(UD材、Woven(3D Wovenは弾性モデルのみ))
+Digimat-CAE/Injection
  • ・対応する樹脂流動解析結果
    • 配向テンソル
    • 繊維長分布
    • 繊維密度
    • 残留応力
    • 残留温度
    • ウエルドライン
    • Mucell空孔率
  • ・連携可能な樹脂流動解析ソフトウェア
    • Moldex3D(配向テンソル、繊維長分布、濃度分布、温度分布、残留応力、空孔率、ウエルドライン)
    • 3D Timon (配向テンソル、温度分布、ウエルドライン、空孔率)
    • Moldflow(配向テンソル、繊維長分布、温度分布、残留応力、空孔率、ウエルドライン)
    • REM3D (配向テンソル)
    • SigmaSoft (配向テンソル)
    • Simpoe
+Digimat-CAE/Structural
  • ・要素タイプ
    • シェル要素、ソリッド要素
  • ・対応する構造解析ソフトウェア
    • Abaqus/CAE(Standard、Explicit)
    • ANSYS
    • LS-DYNA
    • Marc
    • MSC Nastran SOL400/SOL700
    • PAM-CRASH
    • SAMCEF
+Digimat-CAE/Fatigue
  • ・強連成可能な疲労解析ソフトウェア
    • nCode DesignLife (対応バージョン:Version11.0、12.0)
    • Virtual.Lab Durability (対応バージョン:Version12)
+Digimat-CAE/Draping
  • ・連成可能なドレープ解析ソフトウェア
    • Simulayt(配向テンソル)
    • PAM-FORM(配向テンソル)
    • Aniform
+Digimat-CAE/µ-CT
  • ・連成可能なコンピュータ断層撮影ソフトウェア
    • VGStudio MAX(配向テンソル、濃度分布)
+Digimat-CAE/Casting
  • ・連成可能な鋳造解析ソフトウェア
    • MAGMASOFT(空孔率)
    • ProCAST(空孔率)

Digimat-RP

Digimat-RP

Digimat-RPは短繊維強化樹脂製品の樹脂流動解析と構造解析の連携解析をより簡単にセットアップするためのGUIです。樹脂流動解析で得られる繊維配向データの読み込みから構造解析モデルへの反映、連携解析の実施まで一連の解析のプロセスをサポートします。

Digimat-RPの主な機能

  • 連携解析のためのワークフローサポート
    連携解析のためのワークフローサポート
    Digimat-RP上で、解析対象のFEモデル読み込みから、樹脂流動解析結果のマッピング、解析の実行、解析結果の検証・確認までの一連のワークフローを実現します。
  • Digimat-RP/Moldex3D
    Digimat-RP/Moldex3D
    Digimat-RP内に内包されたMoldex3Dにより流動解析を行い、繊維配向データの取得が可能です。Digimat-RP GUI上で製品上のゲート位置・サイズを指定することでどなたでも簡単に流動解析の設定ができます。※Digimat-RP/Moldex3Dはオプション機能です。

Digimat-RPの機能一覧

  • +全て表示する
  • -全て非表示にする
+連携解析のためのワークフローをサポート
  • ・解析対象のFEモデル読み込み
  • ・Digimat材料の割り当て
  • ・Digimat solution(連成解析手法) の選択
  • ・樹脂流動解析結果の読み込み
  • ・樹脂流動解析結果のFEモデルへのマッピング
  • ・連成解析モデルの作成(自動)
  • ・解析実行&実行状況のモニタリング
  • ・解析結果を利用しての検証・確認
+構造解析ソフトウェアへの対応
    • Abaqus/Marc/Ansys/LS-DYNA/SAMCEF/RADIOSS(Solidのみ)/OptiStruct/PAM-CRASH/PERMAS/MSC Nastran
+樹脂流動解析ソフトウェアへの対応
  • ・繊維配向データ
    • Moldflow/Moldex3D/Sigmasoft/3DTimon/REM3D/Simpoe
+Digimat-RP/Moldex3D
  • ・Digimat-RP GUI内でMoldex3D(eDsign)を内包
    • 構造解析メッシュから形状データを抽出/流動解析用材料モデルの選択/ゲート位置・サイズの指定/メッシュレベル選択/繊維配向データの取得

Digimatのモジュール

材料設計
樹脂複合材解析
材料試験の解析簡易化
プロセス最適化

ページトップへ

  • ※Digimatの開発元はe-Xstream engineering社です。http://www.e-xstream.com/
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ