お問い合わせ

Digimatの特長

Digimatの特長

設計の自由度を広げ、高精度な解析を行うための材料特性予測ツール

Digimatは、複合材料に特化した材料特性予測ツールです。
近年様々な工業製品に複合材料が使用されていますが、実験により複合材料の物性を取得することは容易ではありません。Digimatは独自のアルゴリズムを用いることで、複合材料の材料物性を高速・高精度に予測し得ることができます。
この予測された材料物性を用いて、従来では難しかった材料挙動や部品の高精度な構造解析を実現できます。
樹脂流動解析・構造解析との連携解析では、Digimatのインターフェイスを用いることで成形プロセスを反映した材料特性による解析をより容易に実施できます。

材料特性の予測

軽量化と高強度化を両立させる繊維強化樹脂に代表される複合材料は、自動車や航空機などを始め、あらゆる製品での活用が広がってきていますが、これまでは、複合材料の物性を高精度で予測することが困難でした。材料特性予測ツールのDigimatは、独自のアルゴリズムにより、ミクロ構造に基づく非線形の材料特性を予測できます。

等価介在物法

マトリクス材の物性とコンポジット材の体積分率、アスペクト比(長さ)、配向情報などをもとにして、ミクロ特性を平均的な非線形のマクロ特性に変換します。複合材料は従来の材料とは異なり、コンポジットの配合パターンによって、様々な力学、熱、電気特性を実現でき、設計の自由度が大幅に広がります。一方で、経験を活かすことが難しくなっています。Digimatを用いることで、これらの新しい材料物性の予測はもちろん、高精度な解析が容易になります。

等価介在物法 等価介在物法

成形プロセスを考慮した構造解析

強度・剛性の設計において構造解析の活用は、一般的になってきていますが、近年、軽量化・高機能化のキーテクノロジーとして、積極的に使用される複合材料の特性を考慮した解析としては充分ではありません。射出成形プロセスでは、金型の形状やゲート位置などがフィラーの向きなどに影響を与えます。Digimatでは、これらの特性を予測し、LS-DYNA等の構造解析ソフトウェアやMoldex3D等の樹脂流動解析ソフトウェアと連携して、成形プロセスが部品に与える影響を高精度に予測できます。

ゲート位置による繊維配向の変化 ゲート位置による繊維配向の変化

材料に関わる解析全てをカバーするプロダクト構成

Digimatには、材料技術者が使用するモジュール群と、構造解析技術者が使用するモジュール群に分かれています。材料設計分野では、基本的な材料物性やフィラーの特性をもとに、フィラーの微細構造を考慮した材料特性を予測できます。構造解析分野では、繊維強化樹脂の成形プロセスを考慮した繊維配向や残留応力などのマッピングにより、LS-DYNA等の構造解析ソフトウェアで成形プロセスを考慮した解析が可能です。

マルチスケール解析技術 JSOLの材料シミュレーション
(マルチスケール解析技術)

開発元

e-Xstreame-Xstream engineering社は2003年5月、共同創設者 R.Assaker および I.Doghri とともに Louvain-la-Neuve カトリック大学(ベルギー)からスピンオフして設立されました。複合材料とその構造材(PMC、RMC、MMC等)の非線形マルチスケールモデリングに100%特化したソフトウェアおよびコンサルティングサービスを提供しています。

e-Xstreamは複合材料サプライヤー様向けに、革新的で最高品質の製品を設計するためのコストと開発期間の効率化をめざした非線形マルチスケール材料モデリングプラットフォーム Digimat を開発しています。

e-Xstreamはお客様固有のニーズにマッチし、お客様が独自に築きあげてこられた設計プロセス─原材料の混合(エンジニアリングプラスチック、ゴム、CFRP等)から加工(射出成形等)および最終製品の応用まで─を統合するための完璧かつ最高のモデリングソリューションの提供を目指しています。

e-Xstreamはこれまで、ヨーロッパ、米国そしてアジアにおける約200社の主要なお客様とともに、広範な材料特性の数値シミュレーションに深い専門知識を傾注して参りました。こうした材料は自動車、航空宇宙、コンシューマー、および産業向け製品メーカー様など多方面で利用される様々な材料(強化プラスチック、ゴム、高剛性金属およびハニカムサンドイッチパネル等)の開発に活かされています。

e-Xstream engineering

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心して解析ソフトウェアをご利用いただくための、さまざまなサポートを提供しています。
本ソフトウェアに関する詳細は、弊社営業担当までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて

ページトップへ

  • ※Digimatの開発元はe-Xstream engineering社です。http://www.e-xstream.com/
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ