お問い合わせ

EMC Studioの機能

主な機能

EMC問題の種類別に最適な解法を選択 : EMC Studio の「解析タイプ」

EMC Studioには、シミュレーションの目的に応じた複数の「解析タイプ」が用意されています。各解析タイプごとに最適なソルバーを選択あるいは連成させて、計算を行うことができます。

  • EM
    EM
    独自開発のモーメント法ソルバーにより、汎用的な電磁界解析を行えます。約100kHz以上の解析に適しています。
  • Hybrid
    Hybrid
    複雑なワイヤーハーネスの解析に特化した解析タイプです。モーメント法・回路解析の連成により、電線のクロストーク、伝導ノイズ、放射ノイズを高速・高精度に推定します。
  • LF Electric Field
    LF Electric Field
    低周波電界に特化したソルバーで、電界分布や静電容量を求めます。特殊な高速化を行っており、計算スピードは極めて高速です。
  • LF Mangetic Field
    LF Mangetic Field
    EMでは解析が難しい低周波磁界に特化したソルバーです。直流近くの帯域まで安定して動作します。
  • RLC Extraction
    RLC Extraction
    バスバー、基板配線などの形状から、等価回路、部分インダクタンス、浮遊容量を抽出します。
  • System Simulation
    System Simulation
    回路シミュレーションによって伝導ノイズを調べます。

モデル作成・結果表示をできる限りスムーズに: プリポスト機能

モデルの作成や結果の表示がスムーズであることは、シミュレーションにおいて非常に重要です。EMC Studioはモーメント法シミュレータ随一の使いやすいGUIを整え、画面操作による余分な作業時間を低減します。

  • 充実の形状編集機能
    充実の形状編集機能
    形状データ、メッシュ分割データを連携させることにより、柔軟なモデル作成が可能です。
  • 高機能ポストプロセッサ
    高機能ポストプロセッサ
    XY直交プロットからスミスチャートまで、空間の電磁界分布から遠方界まで・・・EMC設計に必要なあらゆる計算結果表示が、使いやすいGUIにまとまっています。
  • メッシュ修正機能ReMesh
    メッシュ修正機能ReMesh
    振動・衝突解析のメッシュをEMC解析に再利用するため、修正を加えるための専用ツールです。特に自動車の車体のように、CADデータからメッシュを起こすのが困難な形状において、モデル作成時間を大きく短縮できます。
  • ハーネスCADデータ読み込み
    ハーネスCADデータ読み込み
    ワイヤーハーネスの設計CADデータを、EMC Studioに読み込んで使うことができます。膨大な設計データを整理・ブラウジングするための Harness Studio というオプションツールも提供しています。

より高速・高精度な計算を: ソルバー関連機能

製品全体を解くアセンブリレベルのEMC解析では、高い計算精度・速度が求められます。また、シールドケーブルやワイヤーハーネスの束線、各種アンテナなど、製品の構成要素をうまく取り扱う必要があります。EMC Studioは、こうした要請に応える独自の機能を開発し続けています。

  • マトリクス分割計算
    マトリクス分割計算
    モデルを部分的に変更して、解析を繰り返す場合の計算時間を大幅に短縮します。
  • 近似解法による計算高速化
    近似解法による計算高速化
    精度を保って計算量を省く処理を行うことで、計算時間を短縮できます。特に解析タイプ LF Electric Field では、古典的モーメント法に比べて数十倍の速度が得られます。
  • ガラスアンテナの高精度解析
    ガラスアンテナの高精度解析
    自動車のガラスアンテナ、プリント基板上のアンテナを、特殊なGreen関数を用いることで高精度に解析できます。
  • 束線のからまり影響の統計解析
    束線のからまり影響の統計解析
    ワイヤーハーネス製造時に必ず発生する電線の絡まりによって、同一製品の電磁ノイズにもばらつきが生じます。EMC Studioはこうしたばらつきの統計解析機能を持ち、現実に即した分析が可能です。
  • 多層編組シールド線の解析
    多層編組シールド線の解析
    箔と編組の二重シールド線、多芯シールド線のモデル化が可能です。シールドの効果と要否、シールド構造とノイズの関係を分析できます。
  • 高速な並列計算ソルバー
    高速な並列計算ソルバー
    EMC Studioの並列ソルバーは、コア数に対して高い速度向上率(スケーラビリティ)を持ちます。 WindowsのマルチコアCPU、Linuxの多ノードクラスターのいずれにも対応、より大規模なモデルのより短時間での計算を実現します。

動作環境

OS Windows 8, Windows 7, Windows Vista, Windows Server 2008
※ それぞれ64bit OSに対応
CPU Intel, AMDの各種CPU
メモリ 2GB以上 (推奨:16GB以上)
ハードディスク 50GB以上 (推奨:200GB以上)
その他 ソルバーはLinux並列クラスター版あり。Red Hat, SUSE の64bit版に対応。

ページトップへ

  • ※EMC Studioの開発元は、EM Consulting and Software, EMCoS, Ltd.(本社:ジョージア)です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:45

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ